社員BLOG

土地利用企画の問題解決をするのに、「近場」に提案することがあります。

今回はそんな事例をご紹介し、皆様のお役にたてたらと思います。

先日、食品スーパー様の移転をお世話する事ができました。物件はまさに「隣地」でした。改めて関係者の皆様ありがとうございました。

本来、店舗リーシングであれば、地域にない業種を誘致するのが原則なので、「既存店があるから出店しない、必要ない」と、決めてしまっていませんか?

そうとは限らないとリーシング方針を立てるのが丸流です。

「古い」、「流行っているけど面積が狭い」、「入りにくくて売上が伸び悩んでそう」、「A社の各業態が集まっているな」、「面(めん)でつながるな(ドミナント)。。」など、物件現場周辺を見ないとわからないこの息づかい (リーシングざむらいvol.1) をもとに、移転や増設のご提案をするわけです。

「不動産は近場からが原則や!」23年前、私が初めてお預かりした土地での、時の上司のこの言葉が四半世紀に渡っても私のノウハウになっています。

「隣の土地は借金してでも買え」であるとか、「スクラップ&ビルド」と言えば簡単なんですが、「灯台もと暗し」にはよく陥るので気を付けましょう。

店舗開発に関わる営業の皆さん、ロケスマを見てるだけではだめですよ!

ドミナント事例↓
中宮アプロ
三田田所商店

---------------------------------

アーカイブはこちら↓
【 VOL.1 顧客満足度を高めるには。~物件の現地確認を楽しむ編~】

【VOL.3 土地活用とリーシングの仕事は派生して決まる。~四半世紀不変の法則編~】

【VOL.4 実は恥ずかしがり屋さん?~性格も変える接客魂~】

【VOL.5 迷ったら「いま!」踏み出そう】

【VOL.6 人脈の原点を大切にする】

【 VOL.7 機会損失をなくす!】

【VOL.8 人仕事とスーツ】

【VOL.9 仕事の学習術】

【VOL.10 土地利用計画について】

【VOL.11 天職になるまで。~目立つ物件を仕上げる~】

【 VOL.12 「お客様のニーズに応えるコツ」「一を聞いて十を知るコツ」「痒い所に手が届くように賢くなる」】

  • INSiTE

    -会員向け双方向マッチングサービス-

    会員登録をしていただいているお客様に向けた、独自の物件情報を掲載。会員登録をご希望の方は、お気軽にお問合せ下さい。
    06-6484-7067

    MORE

INSiTEについて